3回目接種の予約から接種の流れ

新型コロナワクチン接種のお知らせ

本記事では新型コロナワクチン3回目接種(追加接種)の接種時期や接種対象、接種の手順について説明します。

3回目接種の期間

接種時期は「令和3年12月1日~令和4年9月30日まで」の予定です。

3回目接種の接種対象

18歳以上で、日本で薬事承認されているワクチンの初回接種(1・2回目)を受けた方で、2回目接種日から一定期間(下記表)経過している方が3回目接種の対象です。

接種時期
2021年12月~ 2022年2月 2022年3月~
医療従事者や高齢者施設等の入所者 2回目接種から6カ月
その他の高齢者(65歳以上) 2回目接種から8カ月 2回目接種から7カ月 2回目接種から6カ月
64歳以下 2回目接種から8カ月 2回目接種から7カ月

ただし追加接種の予約枠に空きがあれば、2回目接種から6カ月以上が経過した方は、前倒しで3回目のワクチン接種を受けられます。

以下に該当する方は特に3回目接種を受けることが推奨されています。

接種するワクチンの種類

1・2回目に接種したワクチンの種類に関わらず、メッセンジャーRNAワクチン(ファイザー社のワクチン又は武田/モデルナ社のワクチン)となります。

ファイザー社の場合は1・2回目の接種量と同量、武田/モデルナ社の場合は半量を接種します。

3回目接種をする場所

原則、住民票がある市区町村の医療機関・接種会場で接種します。

住民票がある市区町村と実際に住んでいる市区町村が異なり、実際に住んでいる市区町村での接種を希望する場合、住所地外接種届の申請が必要です。

接種の手順

以下の手順で接種を受けます。

  1. 市町村から追加接種用の「接種券」や「新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ」等が入った封筒が届きます。
  2. ワクチン接種を受ける医療機関や接種会場を探し、電話やインターネットで予約します。
  3. 接種日当日になったら、1.で届いた封筒の中身一式と本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証・健康保険証など)を持参し、予約した医療機関や接種会場で接種します。
    ワクチンは肩に注射するため、肩を出しやすい服装で行きましょう。

3回目接種の料金

接種費用はかからず、無料で受けられます。

コロナワクチンマップとは

コロナワクチンマップは、日本全国にある新型コロナワクチン接種会場の情報を収録した地図サイトです。

本サイトは、2022年5月10日時点で、厚生労働省の「コロナワクチンナビ」で公開されている接種会場の情報や各自治体の公開情報を基に作成しています。

各ページヘのリンクはご自由に設定いただいて問題ありませんが、地図で使用している各種データへの直接アクセスはご遠慮ください。